京都の故事ことわざ豆本(春風の桜)

京都に伝わる故事やことわざの豆本です。
全41点収録、簡単な解説付きです。

東男に京女、あだし野の露 鳥辺野の煙、田舎の学問より京の昼寝、うなぎの寝床、鴨川の水 双六の賽 山法師、京へ筑紫に板東さ、清水の舞台から飛び降りる、白川夜船など…

巻末には、「丸竹夷…」で始まる京の町の通り名おぼえ唄(東西)と(南北)を収録しています。

「OHK180方式」の製本なので大きく開けることができます
表紙は布貼りで上製本角背仕上げ、本文の用紙には白に近いクリーム色のラフ書籍を使用しています。
本の大きさ タテ約4.5cm×ヨコ約4cm×厚さ約1.2cm 100ページ (手作りのため多少の誤差がでます)

一緒に写っている切手は商品には含まれません。
京都の故事ことわざ豆本(春風の桜)

販売価格: 700円(税込)

在庫なし