『本』 俳優 吉永小百合 『私の生き方』

『本』 俳優 吉永小百合 『私の生き方』
気に入った着物地などに

出合った時はわくわくして

見返しの紙は何にしようかと

楽しい迷いが薄い頭の中を

駆け巡ります。

新しく出版された本でも

同じ様にわくわく本を開きます。

帯は読むのに邪魔になるので

直ぐに絹音をさせるように

剥ぎ取ります。

う~ん そうか それでこの色か。

見返しの紙に納得がいけば

次は奥付。後書があれば先に読む。

本を読むのが遅いので

一気に読み通すヒントを

その3点から探し出します。

探し出したらそこは印刷屋

一気に読む。

今からでも遅くはない

さらりと振り返えれる

日日を生きたいものです。

----------------------
総重量 1200kgに及ぶ
印刷が終わり、次は製本に
かかります。
今回は土日が絡んで助かります。
しかし
ここで震度2程の揺れが起きたら
帳合いした紙の山が崩れる。

 火ノ浦久雄