店長のお散歩日記

1002

**カタクリの花** 鹿児島
山歩きが好きな

鹿児島の友人が

カタクリの花の写真を

ラインで送ってくれました。

福島県、栃木県、岩手県の

カタクリは毎年だれかしら

送ってくれるのですが

鹿児島のカタクリは

初めてでした。

鹿児島にもカタクリが

自生するのだと驚き

桃の木でした。


火ノ浦久雄
◎順延!!伏見・竜馬通り商店街での 「手作り市」 が22日に順延になりました。
嬉しいこ事に

昨日中止になってしまった

「竜馬通り商店街・手作り市」

が22日の日曜日に順延しました。

朝9時過ぎ頃から15時頃まで

お店を開いてお待ちしてます。

是非是非!!皆様!

伏見・竜馬通り商店街に

お足をお運びくださいませ。

新作のストラップも出来ました。

見にきてください。

火ノ浦久雄

「青い 雀」 豆noteストラップ
◎ 明後日15日は京都伏見 「竜馬通りで手作り市」 開催
うっかり1週間違えて、

思い込んでいたもので

慌てて今宣伝をしています。

どうも天気予報では雨日の

様子。

晴れたら、曇っていても

出店します!

是非 皆様 人情味溢れる

竜馬通り商店街に

お越しください。

お待ちいたしております。


火ノ浦久雄

端午の節句も もう直ぐ
こんな豆noteストラップも
ご用意しています。
**花さか熊爺さん 三春の滝桜 一夜で満開に***
今朝(8日)早朝の

福島県三春町の

「三春の滝桜」 です。

三春町在住の友人

熊さんがラインで送ってくれました。

熊さんありがとう!!

数年前、熊さんに案内されて

訪れた時の

「三春の滝桜」より

枝の広がりを感じます。

桜と空のコントラス!

自然しか成しえない

力ですね。

火ノ浦久雄

**福島県*三春の滝桜** 今年もいよいよ***
福島県三春町在住の

熊さんから今年も

「三春の滝桜」の

様子や写真が届いています。

今年は、やはり開花が早く

統計を取り始めてから

一番だったようです。

今日の日曜日あたりは

見物のお客様で

三春町周辺はきっと混雑

してることでしょう。

滝桜の小枝の数十㎝しか

生きられない自分たちに

三春の桜は何を

語っているのでしょうか?


火ノ浦久雄
***満開の小さな 桜木***
3月中に咲いたのは

初のことだ。

いつも近くの高校の

入学式を祝うように

4月の8日から11日頃に

咲いていた。

この時期桜見に行けないので

20数年前に量販店で見つけた

ひょろひょろの桜木だったが

毎年忘れずに咲いて

楽しませてくれる。

ありがとう。


火ノ浦久雄
京都・伏見~竜馬通り~で 手作り市  おとせ市
毎月第3日曜日に

伏見・竜馬通りで

手作り市が開催されてます。

3月18日に倅と二人で出店。

上賀茂神社や平安神宮の

規模にはとても追いつけない

小さな市ですが

地元の人情味あふれる

商店街の皆様がお声を

掛けてくださいました。

竜馬通りのドンツキが

あの幕末の寺田屋に

あたり、そのお客様も

流れてくる。

その昔 坂本竜馬も

闊歩してであろう

竜馬通り。

是非一度お越しください。

4月は21日の日曜日です。

朝の9時過ぎ頃から

15時頃までは店を開いて

お待ちいたしております。


火ノ浦久雄
ジョウビタキ
花壇の草取りを

したら

何と ジョウビタキが

やってきた。

花壇の虫をねらって

きたのか?

止まってる木の下では

カギ尻尾の黒猫が

ジョウビタキを狙ってる。

ヒヨドリもやってきて

チャチャをいれる。

火ノ浦久雄
◎ わらびの芽生え 豆本ノ-トストラップ 
名古屋で(正確には大府)

で働いてた時

寮の直ぐ横の丘に

生えていたわらびを

食べたくなり

採ってきた。

灰汁の抜き方を

聞くのに

寮の黒電話で長話をした。

わらびは採りたてが旨い。


火ノ浦久雄
”万葉の桜” 「万葉集名歌100選絵歌留多」を上製本で復刻
今年の第一関門を

突破した。

まだまだ気が許せない。

学校が夏休みに入るまでには

第二、第三、第四関門が

待ち構えてる。

作り掛けの万葉集を

夕方からやり始め

BSの「笑点」が始まる前に

完成させた。

もうこの桜の布地も最後と

思う。
(探して引き出しから出てくるかな?)


火ノ浦久雄
♪あんこ椿♪ の豆本日記帖  3,5cm×4cm200ペ-ジ
ノムラテ-ラ-さんの

30円端切れコ-ナで

見つけたちりめん(化繊)の

布地で手作りしました。

♪アンコ椿は恋の花♪

の伊豆大島へは

二十歳代に2回

友人と旅をしました。

椿にはいろいろと

思い出があり、この季節に

なると椿の布地を探しては

色々な物を手作りしています。

しかし

最近ちゃんと型で染めてる

布地が減りつつあります。

デジタル時代で仕方ない

と言ってしまえばそれまでですが

残念です。

この椿はちゃんと染めてあります。

火ノ浦久雄
”ちはやふる” ~忍ぶれぞ色に出でにけり~ {小倉百人一首豆本}
京都の四条通りの

ノムラテ-ラさんで

おもしろい生地を

見つけたので

小倉百人一首 豆本の

表紙に使ってみました。

豆本の大きさは

3,5cm×4cm

一首見開きで200頁あります。

丁寧にお使い戴ければ

小学校在学中まで

十分に持ちます。

引きちぎらない限り

潰れたりはしません。

火ノ浦久雄

忍ぶれぞ
色に出でにけり
我が恋は
ものや思うふと
人の間ふまで

        平 兼 盛
”桃の節句” ♪内裏雛と三人女♪ 絵手紙・絵葉書 整理保存帖 120枚保存
市販の葉書ホルダ-帳の

ホルダ-部分だけを取り出し

それに1mmの厚紙で

表紙を作り、その上に

小風呂敷を貼ってます。

背中合わせに入れると

120枚収まります。

毎年のひな祭りなどの

お孫さんやお子さんの

写真等を1冊にまとめて

プレゼントされたら

いい記念になり

喜ばれると思います。

火ノ浦久雄

私は主に絵手紙や年賀状を
入れて保管してます。
もう20冊ほどの数になってきました。