店長のお散歩日記

952

◎ 初めてのリトグラフ
7年前に「金色のねこ」と題する

詩集を作られた
(まだ僅かに海文舎に在庫あります)

鈴木陽子 様から

初めてリトグラフに挑戦して

その出来映えを作品にして

マロニエ画廊でやるから

おいでください。とDMが届いていました。

最終日の19日だけご本人が

在廊してると言うことで 

昨日、四条河原町へ足を運びました。

「初めてのリトグラフ」?
「画廊マロニエで作品展」??

一体 鈴木陽子様は何者?
作曲はする、詩は作る、ピアノは弾く
今度はリトグラフをやる。

リトグラフとは何ぞや とネットで

軽く下調べして、鈴木陽子さんに

向かい合うことにしました。

鈴木さんの他にも8人の仲間さんが

作品を展示されていました。

「字、絵、音楽、芸術」になんの取り得の

私には、いいか、気に入らないかは

自分の底知れた脳みそで判断を

心の奥で決めれるが、それ以上の

事は言えない。

しかし、鈴木さんと話してる中で

感じたことがありました。

どう言う言葉で表現したらいいのでしょう?

やはり「挑戦」・「己の皮を剥ぎ取り曝す」

かな?

丸い大きな鈴木さんの目から感じました。


UPしてる写真は昨日画廊で撮ったものです。
鈴木さんの作品は3点ありました。
ガラスコップの絵でモアレをかけた感じで
絵の線がずれながら一つの作品になっています。

絵心も、歌心も、詩心も無い私の説明で
鈴木さんには申し分けなく感じています。

鈴木陽子さんの益々のご活躍を祈っています。


      火ノ浦久雄

***今日の秋田は雪雪***
寒そうな雪景色が

写メされてきました。

天気予報通り東北・秋田は雪です。

そんな寒い中

飼い猫の愛猫が出入りする度に

戸を開け閉めしなければならないと

嘆いてる秋田の友人に

「猫に戸の開け閉めを教えなさい」

とメールを返しました。

我が家のアホ猫どもは

勝手に重い戸を爪でこじ開いて

走り回っている。


秋田の友人は

この寒空の中、来週から発掘調査の仕事で

山に入らねばなないそうな。

発掘調査の中、もしも金塊の場所が判れば

直ぐに連絡が来ることになっている(笑い)


火ノ浦久雄
▲ 新燃岳が変えた色
これが大浪池の写真です。
一日の疲れやもやもやが
いっぺんに消えてしまいます。

送られて来た写真の中に
お孫さんの山ガ-ル姿もありました。
▲ 新燃岳が創る色
新燃岳が噴火した影響で

大浪池のコバルトブル-が

エメラルドブル-に変わったという

ニュ-スを見て

鹿児島の友人が今日、韓国岳に

登りその様子を写真で送ってくれました。

韓国岳から見た今の新燃岳です。

噴火口から煙が上がってるが

新燃岳。

その火口の後ろに見えるのは

天孫降臨と名高い高千穂峰です。

新燃岳の大きな火口が分かるでしょうか?


火ノ浦久雄
「奈良県立万葉文化館」 で 「豆本教室」をします。 11月4日(土)
今回で3回目の

「豆本教室」を

奈良県立万葉文化館

で開らかせて戴きます。

社の北尾が先生として出向きます。

何度も、何処もでも、誰にでも

言っています。

万葉館の周囲には

日本の原風景が残っています

バスの便は少ないですが

近鉄樫原神宮前から出ています。

面白いバスの動きがいいです。

是非一度訪ねてみてください。


火ノ浦久雄

UPしてますパンフレットは
「奈良県立万葉文化館」さんが
その日のために作製されたものです。
”貝合せ”柄の「御朱印帖」 bookタイプ40ペ-ジ
正絹の着物を解いて

御朱印帖を作りました。

bookタイプで40頁です。


貝合せ柄の着物を見つけ

衝動買いしてしまいました。

小遣いの殆どが布地に消えています。

私の道楽でしょうか?

火ノ浦久雄
◎ 京都・平安神宮前=平安楽市に出店!!成功!!
午前中は小雨で

開店休業状態。

いつもならばとうに帰っていた。

今日は粘った。

被った透明のビニ-ルに

溜まる雨粒を家内と何度も

ふき取った。

粘った甲斐あって昼から

雨も止み陽も少し見えてきた。

看板娘も来てくれたせいか

徐々に売れてきた。

やはり海外のお客様が

多く沢山買ってくださった。

鳥獣戯画の豆折り本の値段を

セヴンティ-サウザウントと言ったら

ぎょとした顔をされた。

何故これが1000円でこれが17,000円なのだ!

と言うことを言われた。

ハンドレッドの間違いだった(笑い)

なんやかんだで

疲れた。

しかし いい疲れだ。


火ノ浦久雄
◎ 京都平安神宮門前の 「平安楽市」 に出店します。10月14日(土)ブ-スNO103番
久しぶりに手作り市に

出店します。

今回は平安神宮の門前の広場で

開催される「平安楽市」です。

AM10時から17時まです。

ブ-スNOは103番です。

「豆本屋さんはどこですか?」と

誰かに聞かれたら多分分かると思います。

HPのこの店長日記を見たと

言われたお客様にはサ-ビスいたします。

大勢お見えになることを期待しています。

火ノ浦久雄

UPしてる画像は
今日 鹿児島から
送れれてきた
イチジクです。
幼馴染が自分の庭先に
生ったものを送ってくれました。
実は小さい物ですが
甘い味がぎゅと詰まっていて
鹿児島を思い出しました。
まだまだお互いに元気でいようね。
ありがとう!!
◎ えぞシカの角煮の缶詰
仕事をしながら

ラジオを聴いていたら

北海道大雪山系旭岳(2291m)が

初冠雪した。 とニュ-スで言ってた。

平年より5日、昨年より1日遅いそうだ。

~旭川のお客様もそろそろ冬支度かな?~

と思いを巡らしていたら郵便屋さんが

「お荷物です。」と声を掛けられた。

ひゃ~~

以心伝心!!その旭川のお客様から

えぞシカの角煮の缶詰が届いた。

今週はいろいろあって疲れ切ってたので

うれしい元気の素になる贈りものです。

=昔懐かしい鯨肉のような味と
食感を再現した一品=

と缶の横に書いてある。

鯨の肉は良く食べた、と言うより

それしか無かった。

小学校、中学校の給食ではよく出てきた。

高校は弁当だったので記憶が無い。

さてこの缶詰めは何処から来たのか

住所の北海道天塩郡豊富町を

息子が使っていた地図で調べたら

殆ど北海道の北に位置する処だ。

天塩からはおそらく日本海に

浮かぶ利尻島が見えるのでは

ないだろうか?

京都まで果てない旅ご苦労様でした。

手作りの品を送るとき

必ず何処にお嫁入りするか

地図で確かめます。

47都道府県全てにお嫁入りしてます。

今夜は家族で「えぞシカ」を

美味しく戴きます。

ありがとうございました。


        火ノ浦久雄
**フル-ツ大国~福島県からみずみずしい梨が届きました。**
丁度この頃になると

あの梨の事を毎年

思い出す。

鹿児島に住んでた

小学校低学年の時

鹿児島は台風の

銀座通りだった。

台風が来るたびに

家は大きく揺れ

雨漏りが何箇所で

始まっていた。

丈夫な父方の親戚の

家に逃げた。

通り道の庭に立つ梨の木には

大人の拳骨ほどの

実が生っていた。

激しい雨風の中

暗闇で何かを踏みつけた。

あの梨であることは

直ぐに分かった。

手の届かなかった梨が

足元に転がってるのが

何故かおかしかった。

*******************

福島からの梨は
口の中で溶けるように
みずみずしかった。
親父に直ぐに宅配便で送り
近状の息子らには配って歩いた。
1週間分歩いた。
「親はつらいね」と娘に言ったら
はははと笑っていた。

火ノ浦久雄
△ 山ガ-ルが交換条件 ▲ 季節外れの 「白い紫陽花」
山ガ-ル柄の

豆ノ-トストラップを

何気なく

「山ガ-ル」に写メしたら

「よこせ」とメールが戻ってきた。

「季節外れの紫陽花」の

写真をやるから

「よこせ!」

九州鹿児島の山々は

もとより一昨年は

南アルプスのトレッキングにも

挑戦してる。

山の匂いが好きでも

私には真似の出来ない、

もう死語に近い

「山登り」


火ノ浦久雄
”# シンデレラ#” 外猫
この仔だけが

中々顔を見る事が

できなかった。

と言うより分からなかった。

”#シンデレラ#”だ。

お母さんそっくりの

シンデレラ顔を

薄くした面持ちだ。

3兄弟?姉妹の中で

一番拗ねておとなしい。

いつの日か

それぞれが旅たつ日が

来るだろう。
外猫 クロちゃん
飯の気配を

直ぐに感じ取る

黒猫・クロちゃん。

ご近所に響き渡る様な

大きな声で催促する。

黒猫は一応に目が

きれいだ。
◎ 外猫 「クリ-ム」ちゃん
今年の春に

生まれた

外猫のクリ-ムちゃん。

三兄弟?姉妹?の

一匹。

一番おとなしいが

しっかりしてる。

いつもクロちゃんと

草の上でじゃれ合ってる。