店長のお散歩日記

938

**フル-ツ大国~福島県からみずみずしい梨が届きました。**
丁度この頃になると

あの梨の事を毎年

思い出す。

鹿児島に住んでた

小学校低学年の時

鹿児島は台風の

銀座通りだった。

台風が来るたびに

家は大きく揺れ

雨漏りが何箇所で

始まっていた。

丈夫な父方の親戚の

家に逃げた。

通り道の庭に立つ梨の木には

大人の拳骨ほどの

実が生っていた。

激しい雨風の中

暗闇で何かを踏みつけた。

あの梨であることは

直ぐに分かった。

手の届かなかった梨が

足元に転がってるのが

何故かおかしかった。

*******************

福島からの梨は
口の中で溶けるように
みずみずしかった。
親父に直ぐに宅配便で送り
近状の息子らには配って歩いた。
1週間分歩いた。
「親はつらいね」と娘に言ったら
はははと笑っていた。

火ノ浦久雄
△ 山ガ-ルが交換条件 ▲ 季節外れの 「白い紫陽花」
山ガ-ル柄の

豆ノ-トストラップを

何気なく

「山ガ-ル」に写メしたら

「よこせ」とメールが戻ってきた。

「季節外れの紫陽花」の

写真をやるから

「よこせ!」

九州鹿児島の山々は

もとより一昨年は

南アルプスのトレッキングにも

挑戦してる。

山の匂いが好きでも

私には真似の出来ない、

もう死語に近い

「山登り」


火ノ浦久雄
”# シンデレラ#” 外猫
この仔だけが

中々顔を見る事が

できなかった。

と言うより分からなかった。

”#シンデレラ#”だ。

お母さんそっくりの

シンデレラ顔を

薄くした面持ちだ。

3兄弟?姉妹の中で

一番拗ねておとなしい。

いつの日か

それぞれが旅たつ日が

来るだろう。
外猫 クロちゃん
飯の気配を

直ぐに感じ取る

黒猫・クロちゃん。

ご近所に響き渡る様な

大きな声で催促する。

黒猫は一応に目が

きれいだ。
◎ 外猫 「クリ-ム」ちゃん
今年の春に

生まれた

外猫のクリ-ムちゃん。

三兄弟?姉妹?の

一匹。

一番おとなしいが

しっかりしてる。

いつもクロちゃんと

草の上でじゃれ合ってる。
    9.98  (2017、9,9) 桐生君
2013年6月2日は

桐生君の高校最後の

100mの試合でした。

その年に10,01の記録を

たたき出した彼を自分の目で

確かめようと

京都西京極陸上競技場に

行きました。

2000冊程作られたプログラムは

あっと言う間に売れたそうです。

決勝スタ-ト数分前

スタ-トライン前に立つ

桐生君に

スタンドから声を掛ける、と

言うよりしゃべり掛ける

オジサンがいました。

普通、大概、勿論

そんなオジサンの相手を

する100mランナ-はいない。

たが彼は話をしていた。

間違いなく!

あれから4年。

遂にやってくれた!!

陸上競技の短距離を

やってた自分も

日本中の陸上競技を

やってる仲間には

飛んでもない一日だったに

違いないだろう。

桐生君おめでとう。

怪我無くこれからも

頑張ってください。


火ノ浦久雄

2013年6月2日の
桐生君
高校最後の100mの
スタ-トです。
中央のエンジ色の
ランニングパンツが
桐生君です。
その時の記録は
10,31でした。
「敬天愛人」  西郷どん
もう半世紀以上も昔に

故郷

鹿児島を離れたが

身についた肉や骨は

鹿児島生まれを

強く主張し続ける。

数年前の大河ドラマ

「篤姫」に続いて

来年の大河ドラマは

「西郷どん」。

とても楽しみにしてる。

そんな中

鹿児島のお客様が

「西郷どん」のタオルを

贈ってくださった。

ありがとうございます。

来年

大河ドラマが放映されてる

期間に何とか

「帰鹿」を実現させたい。

火ノ浦久雄

フェイスタオルに
敬天愛人
と書いてあるのですが
分かりますかね?

土地争い
顔を赤くして
「私は前の代から
此処に住んでる。」

「俺たちは今年の6月に
此の土地を買って住んでる。
そこに立て看板が差して
あるだろう!」

6月16日に数珠玉植える
って‼️
◎ 本を眺めながらコ-ヒ- 京都丸善書店
一日過ぎるだけで
こんなにもからりと
晴れるものだろうか。

気性の荒かった
気象も
今日は上弦のお月様が
白く見えるほど
空は青く澄んでいた。

お昼前から
用事を兼ねて
市内へ出た。
いつもの3,4倍は歩いた。

店の方は忘れてるかも
しれないが、いつもの
きしめん屋さんに
立ち寄り
「梅干きしめん」を昼飯に。

手作りのお客様に
コ-ヒ-好き(酒も)が
いらして
いつも美味しそうに
呑んでる。
呑みたくなって真似をした。

「京都BAL]の地下2階の
京都丸善書店のコ-ヒ-店
に入りアイスコ-ヒを呑んだ。
沢山の本を眺めながらの
コ-ヒ--は最高だった。

火ノ浦久雄

思いつくままに書いたら
向田邦子の
「桃太郎の責任」と言う
随筆を思い出し
笑ってしまった。

順番に、何何しました。
何々しました。
小学校で綴り方を
書いてる、そのものだ。

UPしてる画像は
「猿蟹合戦」で
痛い目に遭った
「カニ」ご本人の
豆本ノ-トストラップです。
鹿児島にお嫁入りが決まっています。
◎ 黒猫クロの 「楽久我紀」帖
長年付き合っていた

黒猫クロを

思い出し「楽久我紀」帖

を手作りした。

タイトルの「楽久我紀」は

白洲正子がかつて使っていた

日記帖のタイトル。

気に入ったので

勝手に拝借。

この「楽久我紀」帖の

布地は麻。

裏打ちや のり付けに

苦労した。

売れ残ったら

私の元にまた戻り

11冊目の「楽久我紀」帖

に向い入れる。


火ノ浦久雄

角背の上製本仕上げ
160頁
ラフ書籍用紙66.5k
1面の大きさは
120×188cm
随筆集・向田邦子
の大きさに真似てある。
”ちはやふる” 紫式部の十二単 柄 の 「小倉百人一首」豆本=箱付き
高校野球も終わり

落ち着いて

手作りが出来る様に

なりました。

久しぶりに

小倉百人一首の豆本を

作りました。

めんどくさい箱付きです(笑)

ご本人様には

一度もお会いしたこともなく

勝手な想像で

式部様の十二単の

豆本を作りました。

ヤフオクで今夜から

1,500円スタ-トです。


火ノ浦久雄
◎◎ 福島県の「ピーチ・メルバ」到着!!
とてもいいタイミングで

福島県から待ちに待った

桃が到着しました。


先日の夜遅く

NHKテレビで桃のスイ-ツを

つくる番組を見てしまった。

「ぶしめし」の時代劇に出てた

植物食系の若い可愛い

男優が「ぶしめし」を思い出させる

雰囲気でサラサラと

「ピーチ・メルバ」と作っていた。

名門の料理長が人気オペラ歌手

「ネリ-・メルバ」の為に

作ったそうな。。。

そんな事はもうどうでもいい。

早く記念撮影を済ませて

桃をカジリタイ。


桃・梨・りんご・トマト・ぶどう

殆どのフル-ツは皮を剥かず

丸かじりするのが一番好きだ。

特に桃は固めがいい。

フル-ツ大国

福島県の桃はいい!!

火ノ浦久雄
”ちはやふる” 百人一首の札の大きさの 「折り本」 で お友達へ絵手紙どうですか?
いつも豆折り本より

もう少し紙面を大きく。

と言うお客様のご要望が

あり、試し作りしたのが

画像の折本です。

大きさは百人一首の

札の大きさで

タテ約7.4cmヨコ約5.3cm。

表8面裏6面。

82円で送れます。

たまには字も絵も

描いてください。

ヤフオクで現在450円

スタ-トしてます。

小野小町の顔が

ずんべらぼんでしたので

私がお化粧してあげました。

おっとりとした小野小町に

変身しました。

火ノ浦久雄
#”これが福島県の 「ニッコウキスゲ」 です”#
福島の空に向かって

大きな声で歌ってる

子供たちの様です。

誰が黄色い服にと

決めたのでしょうか?

綺麗な黄色です。

印刷のインクでは

とても出せない

黄色です。

「来年は白か赤にしない」

と誰かが呟くも

初夏の風に消されました。

火ノ浦久雄

仕事場の壁には
熊さんからの
福島の写真が
沢山張ってあります。
この一枚も仲間に入れます。
**福島県のニッコウキスゲ**見頃は過ぎてしまいましたが、熊さんから写真が。。。
福島県北塩原村の

雄国沼(おぐにぬま)に

咲く(正確に言えば咲いていた)

ニッコウキスゲの写真を

熊さんが今日郵便で

届けて下さいました。

先ずは1枚ご覧ください。

焦らすようですが

今夜はこの1枚。

黄色い絨毯

ニッコウキスゲの

後ろにドンと構えてるのは

磐梯山です。

裏磐梯です。

火ノ浦久雄

三春町の
熊さんありがとう!!