店長のお散歩日記

269

**山桜 花より外に 知る人もなし**
諸共に あわれと思へ 山桜
花より外に 知る人もなし

小倉百人一首


------------------------
鹿児島の山桜が

咲き始めたようです。

白い花と青い出水の

空が向き合っています。
◎福島県三春町~熊さん便り~
熊さんから葉書が
届きました。

~今頃の時節に降る雨のことを

催花雨と言うことを、最近になって

知りました。その名の通り、我が家の

梅もふくらみ始めました。

日本には美しい言葉か盛りたくさん

あります。それらを大切に

受け継ぎたいです。

残念な事に日本語は最近

大変乱れています。

訳の分からない言葉が氾濫して

悲しくなります。~~~

(熊さんの葉書より)
---------------------

熊さんの住まいは
三春町にあります。
三春の滝桜までは
30分程の里山に
ありました。
日当たりもよく梅も
直ぐに開花するでしょう。
海の見える校庭で・・・鹿児島
もう半世紀以上前の

写真を見て

海の見える校庭を

思い出しました。

学芸会でひな祭りを

演じた級友達です。

写真の後ろに

薄ら見える海を

もう一度見に行きたいです。


火ノ浦久雄
列んでも、幸せはやってないこない!
朝夕、散歩を兼ねて片道

20分程近くのスーパーに

立ち寄る毎日。

マスク売り場は勿論の事、

最近はトイレットペーパー

売り場の組み立て、鉄パイプが

丸裸。

置かれて有るのは

投げ散らかしたプライカード。

スーパーの呆れ顔が目に見える。

コロナより怖いのは人間!

同感するタイトルがネットニュースに

あった。


火ノ浦久雄
◎花のある毎日 春を知らせる 沈丁花
春をつげる花は

なんと言っても

沈丁花でしょう。

境目の友達が送ってくれました。

勿論自分で育てた沈丁花です。

朝夕の散歩道にも咲いてる

ことに今日気が付きました。
◉福島県三春町から《熊さん便り》   福寿草
2月19日は雨水でした。

二十四節気をイメージ

する風景を撮るのが

一年間の目標です。

しかし、それらすべてをクリア

するのが、なかなか

難しくて悩んでいます。

出来る限り目標に

近づくように

がんばります。


冬眠から早くも
目醒めた
福島県三春町の
熊さんからの葉書でした。


福寿草の写真よく
撮れてます。
現場に行かれてる事が
素晴らしいく、羨ましいです。
ありがとうございます❣️

火ノ浦久雄
◎ メジロ yamatoのブログ さんちのメジロメジロ
もう十数年のお付き合いの

yamatoのブログ 様

今年も庭に吊り下げられた

ミカン・りんごを求めて

メジロがきています。

楽しみしてるのは

yamatoさんは勿論の事

猫のすみれちゃんとはなちゃんも

ドア越しに見ることを

楽しみ?してます。

メジロが好きな方は

yamatoのブログ と検索して

ご覧ください。

UPしてますメジロの画像は

カメラで写し撮ったもので

画像が悪いです。

本物をご覧ください。


火ノ浦久雄
◎スノ-ドロップ
スノ-ドロップの花の

写真も届いていました。

最初はえらく萎れてるなと

と思って見ていましたが

今日あらためて90度回転

してみました。

これが正解のようです。

昨日までヨコ向きで

見ていました。
花のある毎日 プリムラ
毎月 何かしら

いつも花を

届けてもらっています。

画像だけですけど

大事に育てられた

様子が伝わります。

ありがとうございます。

◎最初で最後の”バレンタインデ-” 薄れ消えて行く記憶の中で
80歳を迎えようと

してる小学校の恩師が

「もの忘れがいどくてこわい」

と電話口で話された。

自分は80にはまだ

兎歳の一回りがあるが

記憶が薄れて消えつつある。


半世紀前の

近江八幡駅の待合室の

長椅子で、二人は

乗るはずの電車を

1時間以上乗らずに

見送った。

彼女のカバンの中には

自分に手渡す

チョコレ-トがあった。

中々手渡しては呉れなかった。

これ以上待っていては

彼女の乗る近江鉄道の最終が

なくなる。

不機嫌を装って自分は

東海道線に飛び乗った。

自動ドアが閉まる瞬間に

ドアのすき間から

小さな包みが渡された。



火ノ浦久雄

UPしてます画像は
表紙に和紙を使ってる
「小倉百人一首」豆本
です。
詳しくはHPの商品欄へ。
「今晩は吉永小百合」です。
今年の年賀状の中に

「聴け!!」と、やや脅しめいた

一枚がありました。

数年から誘いを受けていたました。

吉永小百合さんは好きですが

遠く離れて聴こえもしない

ラジオ番組にも載らない

TBSラジオの番組。

面倒くさくてそのままに

してたら「聴け!!」と催促。

仕方なく息子の協力を得て

ラジルラジルの仲間入り。

毎週日曜日の22時30分から

30分放送。

話掛ける様にゆっくりとした

吉永さんの声。

僅か30分が早く終わらないようにと

柱時計をちらちら見ながらの

夜でした。

火ノ浦久雄

UPしてます花は
三色すみれですね?
頂いた境目の友人からも
クレイムが来てませんので
多分間違いないと思います。
◎仙台 『ずんだ餅』 その2
仙台駅から路線バスで

1時間程山側に

走ると

「万華鏡美術館」があります。

確か10年ほど前に行きました。

仙台を訪れたのは

この時が最初だったような?

2回目は駅からタクシ-を

飛ばしてNHK仙台に。

「歌の日曜散歩」のラジオの

公開生放送に参加。

放送が終わったらトンボ帰りで

京都へ。

まだまだ元気がありました。


火ノ浦久雄

鶯色の綺麗な包装紙を
開けるのももどかしく。。
3時間待って待って待って
食べました。また仙台に。。。
今夜はラジオ番組
「こんばんは吉永小百合」を
聴くのが楽しみです。
◎仙台から 『ずんだ餅』が。。。
仙台のラジオ仲間さんから

『ずんだ餅」が贈られてきました。

ありがとうございます。

枝豆のいい香りと

いい味わい。

嫌なニュ-スばかりの中

ほっとする日曜日に

なりました。


火ノ浦久雄

鶯色の明るい包装紙に
包まれていました。
今日の琵琶湖疏水
朝の散歩時には

所々白く山肌が見える

比叡山が見えたが

夕方の散歩時には

霞がかかっていた。

歩いていてもまだ

「京都の底冷え」は感じない。

しかし 風呂に入るのに

一苦労してる。


火ノ浦j久雄

◎青空に紅梅 京都精華町
世界の喧騒とは裏腹に

京都精華町の青空の

下には紅梅が咲いてます。

奈良と京都の境目の友人が

送ってくれました。