店長のお散歩日記

1412

 

幼馴染の”山ガ-ル”から故郷「長島」の写真が届きました。

孫を連れて島の母ちゃんに会いに行った時の長島の写真です。

↓ お孫さんが撮った写真です。

 

 

眼下の集落は通称 火ノ浦 です。

 

 

↑この写真は山ガ-ルが撮ったものです。

左端に橋が見えます。鹿児島本土への念願の架け橋です。

私が島を離れて13年後に完成した「黒ノ瀬戸海峡大橋」です。

遠くに見えるのは東シナ海です。

 

 

山ガ-ルの友人が撮った夕焼けです。

眼下が通称火ノ浦湾です。

夏はこの突堤から海に飛び込み遊びました。

海文舎の海です。

写真を観て、懐かしさ、嬉さも感じますが同時に現実の年齢も感じます。

センチメンタルになっていられません。

いい手作りが出来ました。

またUPします。観てください。

今日も 丑三つ時 です。もう寝ようとしたら、おもろい共感するブログの記事を

見つけてしまいました。yamatoのブログ 様の記事をお借りしました。

 



yamatoのブログ 様とは一つ違いでyamatoさんが上です。
私も新幹線のホ-ムで似た様なことをしたり、してもらいました。
新婚旅行で九州に行った際です。
それは、新幹線ホ-ムで胴上げです。私は3度4度と胴上げされました。
今だったら。。。とんでもない話です。でも、どこで、どうして。。無くなったのでしょう?
転げ落ちた話も、線路に落とされたニュースも無かったのに。。。
しかし、おもろい時代でしたね。


嗚呼 伊吹山が見たい!比良山系の雪山をJR琵琶湖線の車窓から見たい!

京都精華町の娘さんから シクラメン がライン画像でで届きました。ありがとうございます。

色々な作業が今日?深夜?に及んでます。 国東半島の姉さんからの「贈り物」の報告が遅れてます。 生椎茸は直ぐにバタ-焼きして、わいわい言いながら食べました。これがあるともう他のおかずはいりません。 乾燥椎茸も一杯戴きました。これは大晦日に食べよう!と家内と話してます。 自家栽培のキュウーイ!小ぶりですがごく自然の酸っぱい味がします。梨の芯をかじった時の味とにてます。 この味大好きです。 姉さん!昨年、干し柿の柿を採る為に登った柿木が折れて落下!暫らく静養されてました。 今年は安全な作業が出来たようで、干し柿は粒が揃ってました。 毎年贈られてくる大きな箱は今年は1,5倍の巨大なダンボ-ル箱でした。 次から次から、私の大好きなものが、玉手箱の様に、マジックの様にでてきました。 酢だちもたくさん入ってました。 家内が絞ってポン酢をつくってます。出来上がりが楽しみです。 頂いたお品を全部画像にしてUPしたいにですが、沢山で。。割愛させて頂きます。

箱の中の様子です。

 

ありがとうございました。美味しくいただきます。

 

もう直ぐ夜が明けます。もう寝ます。

 

朝日の強い誘惑に負けそうになりながら、今朝も8時前にガレージ店開けました。 京都三条大橋横の、あのお母さんの店の様に 看板、暖簾を取っ払いました。 「暖簾」など100年早いワ!!と。。。

京都生まれ京都育ちの京都人に、鼻で笑われる物を敢えて手作りして並べてみました。 外国の皆さんの反応が知りたかったのです。 昨日は0ゼロ反応でした。夜なべの苦労が。。。まぁ 待ってみましょう。

こてこての京都柄の布地です。私は気に入ってます。

ポストの帰りに道端で見つけた 野菊 と キリン草(?)と我が家の南天を生けました。 南天に さなぎ がついてました。カマキリかな?見届けてみます。

嗚呼 山に行きたい!

 

琵琶湖の水を少しもらいます。

3日振りに花木に水をやります。

琵琶湖さんには申し訳ありませんが 今日も快晴です。

 

 

yamatoのブログ 様からお借りしました。









もう少し詳しく観たい方は yamatoのブログ と検索してご覧ください。

私は引きこもり状態で手作りに励んでます。
夜中?深夜?3時頃までやってしまうこともしばしば。
面白い毎日です。
紅葉は諦めました。落ち葉でもその内、見に行きます。


「近江鉄道」カレンダ-です。
手作りが忙しくて、ここ最近「近江鉄道旅」が出来ていません。
何とか時間を見つけて出かけたいのですが、急な寒さが不安です。


バインダー部分にも同じ桜柄の布を張ってるのが、特徴です。他には有りません。







寒い冬は苦手ですがその分春が待ち遠しいものです。
20、30、40、50代の冬は長く感じませんでしたか?
トヨタ自動車工場の冬の夜勤は特に辛く、高校卒業して間なしの私には、想像を絶するものでした。
今ではいい思い出です。
クリスマスがやって来る!と外国の観光客が自国に戻るのか、気持ち前の道を歩く姿が少なく感じます。
来年のNHK大河ドラマに期待して「小倉百人一首」豆本作りに励んでる毎日です。
正絹の着物を京極通り見つけました。色合いに魅せられて、半衝動買い?生地道楽?が身体の中心を走り買いました。
柄の中に「御所車」を見つけて大喜び!3点出品して落札されれば元は取り戻せます。30柄程取れます。

”ちはやふる”に代わって”君がため”と題するアニメがネットで始るとの情報を、カルタ教室の先生から得ました。

君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に 雪は降りつつ  光孝天皇  15番

君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな  藤原義孝  50番

どちらの「君がため」でしょうか?観てのお楽しみ!
今夜も「昭和の名曲」を聴きながら、手作り、出品をしてます。








商 品 案 内

・少し買って。。 長~~く買って。。。
・「小倉百人一首」上豆本です。
・ストラップ付です。
・1首が見開きで2ペ-ジです。
・豆本の全体大きさは、約4cm× 4,5cm
・活字は、行書体10ポイント(14級)
・丸背の上製本仕上げです。
発送方法
・クリックポスト便で0円
◎京都の海文舎印刷(株)には色々な豆本が揃ってます。
・いいご縁があります様に。






見本用からの活字見本です。

商 品 案 内

・少し買って。。 長~~く買って。。。
・「小倉百人一首」上豆本です。
・ストラップ付です。
・1首が見開きで2ペ-ジです。
・豆本の全体大きさは、約4cm× 4,5cm
・活字は、行書体10ポイント(14級)
・丸背の上製本仕上げです。
発送方法
・クリックポスト便で0円
◎京都の海文舎印刷(株)には色々な豆本が揃ってます。
・いいご縁があります様に。

布地の入った箱の一つから見つけた生地で5穴バインダー手帳を作りました。

これだ!!これ海外のお客様に受けるかも?

何気なく、10年程前に買ったものです。歌麿です。

昔は品のある生地があったのですが。。。

ガレージ店に並べてみます。

分かる方には分かるのですが。。。

 

 

 

 

楽しくて忙しい毎日です。本業と手作りの境目が分からなくなってきました。

今日のガレ-ジ店は期待するほどは無かったですが、楽しい一日でした。

毎日、一見さんでもある海外のお客様ですので、一日一日が面白いです。

記録の為に画像を残します。

 

 

 

 

 

 

昼からは撮影と出品でもう目がふにゃふにゃです。

 

郵便ポストまで4,5分 近くの工業高校の玄関前横にあります。

その帰りに 野菊 と 猫じゃらし を手折って、ガレージ店に生けようとしたら

もうお客様が見えてました。

 

おはようございます。と大きな声で挨拶をしました。

 

 

ドイツからの皆さんでした。

 

ありがとうございます。

 

これで もう昨晩の苦労が報われます。

昨夜23時ごろまで、今日のガレージ売り場のセッティングをしました。

看板も書き家替えました。

 

 

後で商品もUPします。

お気に入りの商品を見つけてください。

26日の日曜日までこのスタイルでいきます。

まぁ いいお天気ですので、紅葉には負け、誰も観てくれないでしょうが。

 

 

冬眠前だから早くして!でないと町に出る! と熊さんに脅迫されました(笑?!)

 

 

 

 

 

 

 

これは、私が今食べてる 薄皮まんじゅう です。

 

今日は「島倉千代子」さんを聴きながら「手の平手帳」を作りました。

「ほうせんか」いいですよ。

明日のガレージ店一杯に並べます。¥500-

まんじゅうではないですよ!手帳!手帳!手の平手帳。

 

 

♪三日以上遅れの♪熊さん便り♪船がゆくゆく波浮港♪いくら呼んでも

あなたは来ない。。。都はるみ 好きでした(笑い)

 

 

 

 

沢山のお便りが届いてます。この連休には何とかかたをつけます(笑い)

 

今日 山科の親父に会いに行きました。

もうベッドに寝たきりかな?と心配でしたが、椅子に坐ってました。

弟と親父と私、三人で昼ご飯しました。

このところ、公私ともにバタバタして、皆さんから寄せられるお便りを溜め込んでいます。もっとも爺さんの動きも鈍くて、頭の回転も、今日、明日、さっき、今、の判断が

狂っているのも一つの原因です。

ぼちぼち私のペースで。。。。何とかなるでしょう(笑い)

割愛しながら進めて行きます。

娘さんから「山茶花」などの花便りが届いてます。

 

 

 

 

 

今日も小春日和です。朝から山科の親父の様子を見にいきます。



今朝の京都新聞記事です。
近江八幡から?安土から?いや能登川駅構内から線路上に見える伊吹山がいいかも。
普段はその姿を見る事はできませんが、雪をかぶると伊吹山はその稜線を現します。